いらない保険 前提編

今回は保険についてお話していきます 

みなさんは保険に入っていますか? 

・・・その保険本当に必要ですか? 

今回はこういうお話です 

まずは前提から順番に説明していきます 

その保険、本当に頼りになるの?

老後の医療費や介護費用、生活費を確保する目的で民間のさまざまな保険に 

加入しようと思っている人や、すでに入っている人が大勢います 

しかしその保険、本当に頼りになるのでしょうか? 

 終身医療保険は最適解ではない

60歳もしくは65歳で保険料を払い終われば老後の備えに最適と思っていませんか? 

それは間違いです

保険の契約書の中身は、時代が変化しても変化しません 

今や「人生100年時代」と言われるようになりましたが

このような時代に今、終身医療保険に加入したとしても 

実際に保障が必要になるのは30年後、40年後かもしれません 

その間に医療そのものが大きく変わってしまうはずです 

保険は、契約した時点で保障内容が決まってしまい 

約款に書かれていないことには対応してくれません 

「保険は陳腐化する」という現実を意識する必要があります 

加入する場合、している場合は都度見直しが必要であるという事です 

あなたのゴールは何歳? 

あなたは今、何歳ぐらいを人生のゴールだと考えていますか? 

男性なら75歳から80歳、女性でも80歳から85歳ぐらいでしょうか? 

90歳以上と答える人は少数派ですし、100歳以上という人は、ほとんどいません 

厚生労働省が発表した2017年の日本人平均寿命は、男性約81.1歳、女性約87.3歳でした 

しかしそれでも「自分は例外だ」と思っているのです 

自分には 持病がある とか 若いころ不摂生していた とか

タバコがやめられない とか 短命の家系だ 

など理由はいくらでもつけられます 

しかし残念ながらそれらの理由は寿命を決める大きな影響力にはなりません 

みなさんの多くは想定年齢を大幅に超えて生き続けることになるのです 

90年以上生きるのは確実

平均寿命は「同じ年の人が半分に減る年齢」と思っている方がいますが 

これは平均という言葉に惑わされています

実際には「平均寿命≒60%生存年齢」となっています 

この事に加えて近年の医学の進歩や長生きのための

生活習慣や食事・栄養の謎が 次々と解明されていますし

老化を遅らせる医薬品の開発も進められています 

ですからこの先

寿命がもっと延びる可能性はあっても縮む可能性は低そうです 

現在50歳以下の人たちは すでに人生100年時代に突入しつつあるということです 

また60代の人でも90歳を超える可能性が大きく 

とくに女性では100歳を超える人が続々と出てきます 

人生100年時代に合わない商品

こうした長寿の時代においては、そもそも保険という仕組みそのものが合っていません 

保険とは

本来はめったに起きないが一度起きてしまうと個人では負いきれない経済的リスクを 

多数の人間に分散して支え合う

というものです 

ところが病気や介護は、年齢が上がるほどリスクが高まります 

だから保険会社としては、高齢者向けの商品の保険料をどんどん上げるか 

保障内容を減らすしかありません 

保険会社はあくまで利益を目的としている 

保険会社はボランティアでやっているわけではないので 

当然ながら、顧客から集めた保険料の中から経費や利益として何割かを抜いています 

もともと保険の仕組みに合わない老後の保障を 

保険会社の経費や利益まで負担して確保するのは正しい事でしょうか? 

今の保険の多くは老いに対してみなさんが抱いている 

漠然とした不安という心に付け込んだものだと思います 

しかも情報が保険会社からの一方通行に制限されているため 

一般の消費者が合理的判断をしづらいようになっています 

しかし、いつまでも「いいカモ」で居続けるわけにはいきません 

今こそ保険を根本的に見直し、要らない保険を捨てて身軽になる時機に来ているのです 

いかがでしたか? 

前提を説明しましたがみなさんの認識はあっていましたか? 

次回はこの前提をもとに具体的な内容についてご説明します 

心配な方、見直したい方はこちらからお試しください

どちらも無料で相談できます

無料保険相談 何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA