いらない保険 介護の未来編

今回は保険についてお話していきます 

みなさんは保険に入っていますか? 

・・・その保険本当に必要ですか? 

今回はこういうお話です 

今回は具体的な内容を順番に説明していきます 

ロボットが変える介護の未来

介護保険制度が変わるより前に 

技術が介護をめぐる状況を一変させてしまう 

可能性がぐんと高まってきました 

HALという名のロボットスーツがあります 

日本のサイバーダインという会社 

我が地元、茨城県の会社です 

実に誇らしい !!

が開発した 

世界初の実用的パワードスーツです 

足腰に着けると、HALが 

筋肉と関節をサポートしてくれるため 

脳梗塞などで下半身に麻痺が残る人でも 

立ち上がって歩くことができるようになります 

効果が大きいので 

最近ではリハビリ機器として 

健康保険の対象にもなっています 

また、上半身型のHALを装着すると 

非力な女性でも重いものを軽々と 

持ち上げることができるようになります 

介護で肉体的にもっともきついのが 

老人をベッドから車いすに移したり 

寝たきり老人の体位を変えたりすること 

だといいます 

そのため、介護士の多くが 

腰痛などに悩まされているのですが 

HALを使うと 

そうした作業が楽々とできるようになるのです 

全国の介護施設で導入が始まっており 

ちょっとした介護革命が起こりそうな勢いです 

HALに限らず 

ロボット技術は驚くほど急速に進歩しています 

しかし、まだまだ完全、十分と呼べる 

レベルではありません 

しかし技術の進歩は 

とどまるところを知りません 

また、脳波を使ってロボット義手を制御する 

研究も進んでいます 

脳波は、脳表面に発生する微弱な電流ですが 

頭皮を通して検出することができます 

しかも、人間の思考や感情によって変化します 

それを応用したのが脳波計で 

患者の睡眠の質や脳神経障害などの 

診断に使われています 

この技術をコンピュータやロボットの操作に 

応用したのが 

BMI(Brain Machine Interface) 

と呼ばれるものです 

例えば、さまざまな言葉や記号 

動きなどを頭のなかで念じてもらいます 

すると、被験者が思ったことによって 

脳波のパターンが変化します 

その変化をコンピュータに取り込んで分析し 

ロボットに命令を出すのです 

すでに基礎研究の段階は終わり 

実用化に向けた本格的な開発が始まっています 

YouTubeには、BMIを使って 

ロボット義手を操作し 

水の入ったコップを持ち上げるといった 

映像がアップされています 

ロボットを操作できるくらいですから 

頭のなかで考えた言葉を 

コンピュータの画面に表示したり 

音声に変えてスピーカーから流したり 

することも可能になるはずです 

そうなれば、神経難病などで話せなくなった 

人とも会話できるようになるでしょう 

最近の技術開発は 

人工知能やビッグデータといった 

情報技術を駆使しているため 

かつてないスピードで突き進んでいます 

こうした夢のような技術も 

ほんの数年で実用的な水準に到達するはずです 

介護用のさまざまなロボットが製品化され 

比較的安価に供給されるようになるのは 

おそらく2030年ごろからです 

そのころまでには 

完全自動運転車も実用化されています 

Uber(ウーバー)のような配車サービスと 

組み合わせることで 

からだが不自由な高齢者でも 

行きたいところに自由に 

しかも安価に行けるようになるのです 

現在は、介護は人手に頼らざるをえないうえに 

要介護年齢が上がってきていることから 

老々介護を心配するひとが大勢います 

現に、老々介護で苦労している方も 

大勢おられます 

しかし、あと10年もすれば 

さまざまな最新技術によって 

介護そのものが大きく変わってくるのです 

介護保険は5年待ってもいい 

とはいえ病気にならず 

介護のお世話にもならず 

健康に過ごせることが 

なんといってもいちばんです 

確かにロボットなどの技術は 

筋肉や関節の衰えをカバーしてくれます 

ほかにも目や耳など感覚器の衰えを 

カバーする技術の開発も進んでいます 

とはいえ、胃腸や肝臓の衰えまでは 

面倒を見てくれません 

iPS細胞を使った再生医療に 

期待がかかりますが 

さすがに臓器の再生は難しそうです 

とくに深刻なのは、脳の老化です 

健全に歳をとっても 

少しずつ物覚えが悪くなったり 

物忘れがひどくなったりします 

まして認知症は 

ロボットや人工知能ではどうにもなりません 

考える力が弱ってしまっているので 

せっかくのBMIも活躍できないですから 

しかし科学者たちが考えることは 

いつも一味違います 

だったらいっそ 

歳をとらなければいいではないか 

それに向けた研究が 

世界中で活況を呈しています 

ノーベル賞級の一流研究者たちが 

続々と参入してきていますし 

世界的IT企業や製薬会社、富裕層たちが 

こぞって湯水のように研究費を出しています 

Googleは、アンチエイジング研究のための 

新会社を作ってしまいましたし 

そこにAmazonの創業者が 

出資していたりするのです 

歳をとらないための科学技術を総称して 

アンチエイジングと呼んでいます 

中高年女性の肌のシワ、シミ、タルミなどの 

ケアを思い浮かべるひとが多いでしょうが 

それらはアンチエイジングの一部に過ぎません 

究極の目標ははるかに高く 

なんと不老不死を目指しているのです 

さすがに今すぐに 

不老不死が実現できると考えている科学者は 

ほとんどいませんが 

当面の目標は、できるだけ老化を遅らせて 

仕事もプライベートも生涯現役を実現すること 

それと、今世紀中には人間の寿命を 

150歳ぐらいに延ばすことに絞られてきました 

アンチエイジングの研究は 

まだそんなに進んでおらず 

あっと驚くような大発見・大発明は 

なされていません 

しかし老化を遺伝子レベルから 

捉え直すことによって 

老化を抑えるための方法が 

徐々に明らかになっています 

また、老化を防ぐ食材や栄養素の研究も 

飛躍的に進んできています 

10年か20年後には、確実に効果のある 

アンチエイジング薬や方法が 

確立されるかもしれません 

私たちの寿命は 

もっと延びることになるかもしれないのです 

そんな未来に、あなたが迷っている介護保険は 

どれだけ役に立ちそうですか? 

科学技術の進歩は 

一般人の想像をはるかに超えています 

仮に介護保険に入るにしても 

せめてあと5年 

待っていたほうがいいでしょう 

その間に画期的な発明や発見が 

なされるかもしれないのですから 

いかがでしょうか?

きちんとデータを見て

将来を考えて保険は選びましょう

もし心配な方はおすすめの

無料でプロに相談できるサイトを

集めましたのでぜひ見積もりをとってみてください

大切な事はたくさんのサイトや会社から資料や

見積もりをもらって比べる事です

ほけんのトータルプロフェッショナル 保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談! 保険スクエアbang!/生命保険

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA