タルムードの教え「魔法のザクロ」

今回はタルムードの教えシリーズの「魔法のザクロ」のお話を紹介します 

最初にお伝えしておきますがタルムードはヘブライ語という言語で書かれており 

それだけが聖典とされています 

誤訳の可能性があるからです 

なので正式なタルムードを学びたい人は専門の機関や講師に教わる事をお勧めします 

このシリーズでは答えは質問形式にします答えは最後にお教えします 

みなさんも一緒に考えてみてください 

また子供がいる方は子供にも一緒に考えてもらうのもお勧めです 

ユダヤ人の方たちは子供の頃からこれを学んでいるから習慣化されて 

歴史的な偉業を成し遂げる方が多くいます 

魔法のザクロ

あるところに仲良しの3人兄弟が住んでいました

兄弟がそれぞれ成人になったので 

10年間各地で修行をすることにしました

兄弟たちは旅立ちの前に誓いを立てました

また10年後にこの家で会おう 

そして、それぞれが10年の間に見つけたもっとも不思議なものを持ってくることにしよう

1番上の兄

1番上の兄は東に行きました

そこである旅人から世界の隅々まで見える不思議なガラスのコップを買いました

このコップから世の中を見渡すと本当に世界の隅々まで見る事だできました

長兄は、他の兄弟がどんなものを持ってくるかわからないが

これこそが世界で最も不思議なものに違いないと心の中で確信しました

2番目の兄

2番目の兄は西に行きました

そしてある町で絨毯売りに出会いました

絨毯売りにその絨毯はいくらかと聞くと

不思議なことに指差した絨毯がモソモソと勝手に動き出したのです

2番目の兄は驚いて絨毯売りに尋ねました

「この絨毯の下にネズミでもいるのではないか?」

すると絨毯売りは鼻を膨らませてこう切り返しました 

「とんでもない、この絨毯は生き物です。空高く飛んで行くことができるのです。 

これに乗ればどこでも鳥より速く飛んで行くことができます。 

今お買いにならないとすぐ売れてしまいますよ」

そこで2番目の兄は、 

この空飛ぶ絨毯こそ世界で最も不思議なものだと思い、大金をはたいてその絨毯を買いました 

間違いなくこれで他の兄弟たちよりも抜きん出たに違いないと確信しました

1番下の弟

1番下の弟は南に行きました

どんどん南に行くと不思議な森に出くわしました

その森の中に入って行くと、1本の不思議なザクロの木が立っていました

何が不思議かというと、そのザクロの木には花はいっぱいついているのに

実は1つしか生っていません

しかもその実は真っ赤に熟れているのにたった1つだけなのです

不思議に思ってそのザクロの実を取ろうと手を差し出すと、てのひらにポタッと落ちてきました

するとまた不思議なことに

咲いていた花の1つが急に真っ赤な熟れたザクロの実に変わったのです

「うん、これこそ世界で最も不思議なものだ。この木を持って帰ろう」

そう思ったとたんに

なんとザクロの木はパッと消えてなくなってしまいました

はっとして手の中を見るとザクロの実は消えずに残っていました

1番下の弟は、このザクロの実こそ不思議なものだと確信し、 

10年後に再会を誓った家に戻ってきました

3人の兄弟はそれぞれ持って帰ったものを互いに見せ合いました

そこで世界の隅々まで見渡せるガラスのコップで見ると

なんとある国のお姫様が重病でベッドに寝ている姿が映り傍で王様が嘆いていました 

「誰か治してくれる者はいないか、早く治してくれる者はいないか 

どんな医者を頼んでもこの娘は回復しない。早くしないと死んでしまいそうだ」と嘆いていました

これを聞いた3兄弟は急いで行こうと、魔法の絨毯に乗ってお姫様の元に飛んで行きました

そして1番下の弟が、これを食べればお姫様の病気がきっと良くなるに違いないと、 

ザクロの実を半分に割りお姫様に差し出しました

一口、二口、お姫様が食べると顔に精気が戻り

それまで歩くこともできなかったお姫様が力強く立ち上がることができました

王様は感激し、3人兄弟にこういいました

「お前たち三人のおかげで姫が重病から回復した。 

3人の兄弟の誰でも、姫と結婚してよい。3人で話し合って誰が結婚するか決めなさい」 

すると、姫が「私に質問させてください」と割って入りました

まず1番上の兄に姫が聞きました

姫  「あなたは、世界の隅々が見渡せるガラスのコップで私の重病を発見してくださいました。 

その望遠鏡のようなコップは今でも元のままですか?」 

1番上の兄  「はい、全く元のままです」 

姫  「二番目のお兄様、あなたは魔法の絨毯に乗って私のところにいち早く駆けつけてくれましたが、 

その絨毯は今でも空を飛べますか?」 

2番目の兄  「はい、全く元のままで何も傷ついていませんし、空を飛べます」 

姫  「さて三番目の弟、あなたは私にザクロの実を食べさせて病気を治してくれました。 

そのザクロの実は以前と違いますか?」 

一番下の弟  「はい、お姫様に半分差し上げましたので、今は半分しかありません」 

いかがでしょうか? 

みなさんは姫が誰を選んだと思いますか? 

また、みなさんだったら誰を選びますか? 

その理由も考えてみてください 

では答えをお教えします 

姫の選択

姫は高らかに宣言しました

「私は、この1番下の弟と結婚します。彼は私のために大切なザクロを半分失ったのですから」 

どうでしょうか? 

予想は当たりましたか? 

このお話のどこが大切なのか次回解説編で教えします 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA